FC2ブログ

  最近土日に、起業した妻が忙しくなり、今までよりもずーと息子と2人で過ごす休日が多くなりました。

  先日は、近所の水路へ魚捕りです。釣りではなくて、タモ網で魚を捕るという中々高度な遊びす。釣り同様、息子がとても喜ぶ遊びで、軽く2時間は付き合わされます(笑)

 私の住んでいる宮崎県都城市は昔から、農業の町で今では珍しいこのような土水路がいくつも田んぼの横にあります。土水路はコンクリート水路と違って、生物がたくさんいて子どもの遊び場にはもってこいです。

DSC03272.jpg


  まずは、じっくりと水の中にある植物や、昆虫、魚を観察です。水路に入ったばかりの頃は、まだ、網を振り回したりはしません。
DSC03275.jpg


  お、、、網の中に何か入ったようです。
DSC03286.jpg


   やったーと大声で叫んでいる息子。何が捕れたの?と聞くと、アメンボですって。。。。。。。
DSC03285.jpg

   魚は捕れなくても、これを延々と2時間程度繰り返して遊んでいます。私はその横で、写真をとったり小説を読んだりして過ごしています。
   何だか、ちょっぴり幸せな休日です。

   今週は何をしようかな?どこに連れていこうかな?金曜日の夜は、わくわくして自分が眠れません(^^)
スポンサーサイト



 2016_06_24



  今日は父の日です。

  昨日、息子の幼稚園に行くと、息子が手作りしたプレゼントをもらいました。
  どんな高価なプレゼントよりも、やっぱり、気持のこもったこのようなプレゼントが一番嬉しいです。

  そこには、「お仕事頑張ってね」と記載されています。息子の想いを先生が書いて下さったのでしょう。息子には自分はどう映っているんだろう?どんな想いでこれを作ってくれたのだろう?とか色々考えてしまいました。

  ただ一つ確かなことは、4年前に私は父ではなかったこと。
  それまでは、自分の父と妻の父にプレゼントを送っていたのですが、プレゼントをもらう立場ではありませんでした。

  これから子育てで辛いこともあるかと思いますが、それでも親っていいものですね(^^)


DSC03557.jpg

DSC03562.jpg

 2016_06_19



  恒例となった、宮崎市のとある漁港での釣り。

  釣りに行くきっかけは、いつも決まって次のやり取りから始まります。

  朝起きるやいなや、
  ①「パパ―、今日は釣りに行こう~」←いっちょ前に、釣りに行きたくなる日があるらしい。
  ②「じいちゃんも誘おう~」←息子にとってじいちゃんは野外活動の先生です。

  というわけで、じいちゃんを誘って男3人で釣りにいくことに。

  最近の宮崎は日差しが強いので、開始前にじいちゃんから入念に日焼け止めクリームを塗ってもらいます。このときから、既に気分はうきうきで顔がニヤけています。
DSC03061.jpg

  見て下さい。4歳時がいっちょ前に釣りを楽しんでいる姿を・・・・・・・。ここでも、ニヤけている息子です。早く釣れないかな~。
DSC03062.jpg

  釣れたぞ~・・・・・・・・・・・・
DSC03065.jpg

  その後、じっくり観察です。この時は、「うわー、キラキラ光っている」とか「つるつるしている~」とか「歯がある~ギザギザしてる~」とか、言っていました。観察によって、たくさんの気付きがあったようです。
DSC03066.jpg

  どうやら、魚釣りは息子の知的好奇心をとても上手にくすぐってくれるようです。
  私はって?そりゃーもう、いつものように一匹も釣れませんでしたよ(+o+)。
 2016_06_11



  地元の延岡に帰省したとき、私の祖母が住んでいる北方町に行ってきました。

  祖母は90歳を超してから、ここに一人では住めなくなり現在、老後施設にいるのですが、早く自分の家に戻りたいとよく言っているそうです。

  ご覧のとおり、祖母の家は、それはそれは山奥で、山に囲まれた美しい自然がたくさんあります。施設に入る前に祖母は、ここで野菜を作ったり、山菜を採ったりとゆったりとした時間の中で生活をしていました。
DSC02982.jpg

  祖母が持っている山があります。写真のように結構険しいです。ここを登っていくと、、、、、、、、
DSC02984.jpg

  ワラビやゼンマイのような山菜がたくさんあります。
去年の8月(生後6ヶ月)の様子

  昆虫やカエルもたくさんいます。農薬や除草剤などの化学物質を使っていないので、生態系が豊かです。
DSC02977.jpg

  山から湧きでる湧水を飲むこともできます。とっても冷たいくて美味しいです。
  DSC02973.jpg


  私達の毎日の日常は、時間が高速で流れていて、このような場所でゆっくりと物事を考える時間が少ないと思います。現代の生活は、便利になり過ぎた反面、弊害も多いとも思っています。

  子どもの教育も兼ねて、たまには、このような場所に足を運びたくさん色んな物を見て・聞いて、たくさん色んなことを考え家族で山間地域について学んでいきたいと思います。


 2016_06_04




プロフィール

高城 嘉樹

Author:高城 嘉樹
『やさいの庭 Chiisanate』というお店を経営しています。
このブログは、日々起こった出来事や自分が思ったことを
記録するためにH25から書いているものです。
お店のFBページ等では書かない個人的な内容が多くなります。

<やさいの庭 Chiisanate>
https://www.chiisanate.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.