FC2ブログ

  わが故郷、宮崎県延岡市。

  小さい頃から高校を卒業するまで、ここ城山公園にはよく来て遊んでいました。
※日常生活に嫌気がさしたとき、恋愛や進路に悩んだりしたとき、学校をさぼったときetc・・・実に色んな場面で足を運んだものです。

先日、延岡市に帰省したとき、この場所を妻と息子を案内しました。

まずは、山頂から。
延岡市のシンボルである旭化成の赤白煙突や、愛宕山、大瀬川に太平洋など、色んな景色を楽しむことが出来ます。
カップルのようにいちゃいちゃしている妻と息子でバックの景色が見えにくいですが、この日は晴天で最高の見晴らしでした(笑)。

DSC02939.jpg

 さらにこの巨大な鐘。
 なんと、明治時代から延岡に時を告げ続けてきた鐘で延岡出身者なら、鐘と言えば「城山」と誰でも思い浮かべると思います。
DSC02932.jpg


 そして、城跡の石垣は「千人殺し」と言われております。敵が攻めてきたとき、石垣を一つ抜くだけで、崩れ落ち千人を殺すことが出来ます。
DSC02906.jpgDSC02904.jpg


と説明を考えている間に・・・・「おい、おい・・・」「そんな危ない岩に登ってるんじゃね~」
「岩が抜けてらどうするんだ~。みんな死んでしまうぞ~」。。。。。。。。。。

さすが男の子。。血が騒いで思いがけずよじ登ってしまったようです。
DSC02908.jpg

こんな感じで初夏の延岡を楽しんできました(^^)

スポンサーサイト



 2016_05_29



  このブログのタイトルであるChiisanate(小さな手)は、私の息子の小さな可愛い手をイメージして名付けました。

  実は今年の3月に妻からヘルシーなお菓子を作って、色んな方(特に子育て中の家族)に食べてもらいたいと相談を受けました。私の答えは当然YES。自分もいつかはそんなことをやってみたいと思っていましたし、自分の手で付加価値を生み出し、自分で戦略を練って、人に喜んでもらう仕事が出来ることは本当に素晴らしいと思いました(サラリーマンである自分には到底出来ないことです)。

  お店の名前は、私のブログタイトルである「Chiisanate」に決めました。ロゴは息子をイメージしています。

  私は出資しただけで特に何もしていませんが、自分が子育ての備忘録として書き続けてきたブログの名前が店名になったことに恥ずかしさと嬉しさで胸が詰まる思いです。

  最近は、妻が作る試作品のおやつを食べることが、息子と私の楽しみになっています(^^)。
  このブログをご覧の皆様も遠くから応援していただけたら幸いです。

  本格的にホームページも作ったようです。興味のある方は是非、ご覧になって下さい(^^)
  妻の本気度が伝わってきます・・・・・私も初めて見たときにびっくりしました(笑)

  やさしいおやつChiisanateホームページ   こちら


DSC03362.jpg
DSC03366.jpg
DSC03363.jpg
DSC03365.jpg

 2016_05_24



  息子と一緒に山を登ってみたい。
  息子がいる男親のせいか、最近はずーとそんなことを思っていました。

  最近の息子を見ていると、よくおしゃべりもするし、体力も随分ついてきたし、忍耐強くなったし・・・・・・色んな意味でこの時期の登山は最適かな~と思い、登山のプロである義父に頼んで、韓国岳(からくにだけ)に連れて行ってもらいました。

  この山は、九州の山でも約1,700mと結構標高が高く、登山初心者の私と息子にとっては、少し難しかったかもしれません。
  でも、私も息子も登りきりました。4歳の息子は自分の足で全て登りきり、下山も自分の足で最後まで降りました。

   頂上につくと、そこは別世界。何といいますか、神様になったように空から私達の住んでいる世界を見渡すことが出来ました。
   最後まで頑張った息子の精神力の強さや、体力的なたくましさ等、我が息子ながらよく頑張ったと思い嬉しくなりました。

   とても思い出に残る登山となりました。次はどの山を登ってみようかな~。。次の登山が楽しみです(^^)

DSC03170.jpg
DSC03151.jpg
DSC03164.jpg
DSC03165.jpg
 2016_05_20



DSC03103.jpg

  子どもの日は「端午の節句」と言いますが、お隣の中国から入ってきた厄払いの行事だそうです。

  我が家には、こいのぼりはありませんが、義父の家に毎年あげられます。
  女の子3人を育てた義父の長年の夢は、こいのぼりをあげること。私たちの子どもが男の子で義父はとても喜んでくれています。

  毎年の子どもの日の写真を見てみると、息子が成長していく過程がよく分かります。
  下の写真は、息子が産まれた年の子どもの日。まだ、かわいいい赤ちゃんです。

080.jpg

  下の写真は1歳の頃の息子。こちらもまだ、赤ちゃん卒業しかけの顔をしています。
DSC03908.jpg

  下の写真が去年の写真。3歳です。赤ちゃんを卒業し幼児になっています。
DSC09324.jpg

  毎日、見ているとその変化に気付きにくいのですが、しっかり大きくなっているのですね。
  今、ブログを書きながら驚きと喜びでいっぱいです。

  来年も子どもの日も、息子が健康であり、こうして楽しくブログにアップ出来ますように・・・・・・・・・・

  
このブログに関係するFacebookです。是非、ご覧になって下さい(^^)
  Facebookページ   こちら


 2016_05_15



  宮崎の4~5月は緑がとても気持ちよく、お花が綺麗です。

  ここは、宮崎市の「こどものくに」。妻と息子と3人で遊びにきました(^^)。

  最近、歳をとったせいか、若い(20代)の頃には全く気付かなかった(あるいは気付こうとしなかった)自然のもの、例えば、山や木花などに感動します。

  特に、このような場所には息子を連れていき、自然を感じたいと思うようになりました。

  子どもと土や植物、雨や風、昆虫や魚などの自然・・・・・本当に絵になります(^^)


DSC02796.jpg

DSC02809.jpg

DSC02804.jpg

 2016_05_13



  みなさん、お久しぶりです。1週間ぶりに自宅に戻ってきました。

  GWは10連休を取得しなが~い休暇を家族と満喫することができました。職場に結構嫌味を言われましたが、「そんなの関係ねー」っといった感じであまり気にしていません(笑)。私は家族最優先です。この日のために、3月上旬から仕事を随分前倒しして進めていたおかげで、何とかなりましたよ(ま~、そのおかげで4月はかなり残業しましたが・・・)。

  随分遊び呆けていて、ブログを更新するのを忘れてしまうほどでした(すみません)。

  さてさて、GWは息子とあちこちに行って、様々な体験をしました。しょっぱなの記事はキャンプです。

  私の故郷である宮崎県延岡市には、それはそれは美しい海に囲まれたキャンプ場があります。以前も息子と妻とこの場所でキャンプをしたのですが、息子がいたく気に入って「パパ~また連れて行ってと・・・・」。人気のキャンプ場なので3月に予約を入れました。

  下阿蘇ビーチというのですが、この場所に来ると、気分がとても落ち着いて嫌なことも一瞬に忘れてしまうとっておきの場所です。写真のとおり、落ち着いた感じの自然が美しい場所です。

  夜はここに、妻の父母や自分の両親を呼んで、焼き肉会をしました。久しぶりに両家の親が揃ったことで息子も大満足だったようです。花火や踊り、みんなでわいわいがやがの昔話や息子の成長の話などをして、家族の絆を深めることができました。

  家族全員が楽しい思い出を共有できる素晴らしいキャンプでした。

DSC03054.jpg
DSC03052.jpg
DSC03035.jpg
DSC03044.jpg
DSC03016.jpg

 2016_05_07




プロフィール

高城 嘉樹

Author:高城 嘉樹
『やさいの庭 Chiisanate』というお店を経営しています。
このブログは、日々起こった出来事や自分が思ったことを
記録するためにH25から書いているものです。
お店のFBページ等では書かない個人的な内容が多くなります。

<やさいの庭 Chiisanate>
https://www.chiisanate.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.