FC2ブログ

  昨日に引き続き、高千穂牧場のその2をアップします。高千穂牧場には、写真のように足湯や木で作ったアート(ドラゴン)など、大人も子供も一緒に楽しめる施設です。
  景色もご覧のとおり絶景です。曇っている日に行ったので、今度は晴れている日に行ってみたいです。みなさんも、是非家族連れで行ってみて下さい(^v^)


DSC06169.jpgDSC06142.jpg


DSC06155.jpgDSC06136.jpg

スポンサーサイト



 2014_04_30



  今日は暦通り1日休みだったので、宮崎県都城市(と言っても鹿児島県とほぼ県境)の高千穂牧場に行ってきました。ここは、入場料金・駐車場料金がないので、私たち庶民にとってはとてもありがたく、その割には動物とのふれあいコーナーや売店での買い物、施設見学など楽しさいっぱいで、満足度100%の施設です(^u^)。

  写真のとおり、40ha以上の広大な敷地内に動物たちとの触れ合いコーナーがあり、息子も大興奮でした。大自然に囲まれて、家族3人でのんびりと過ごすことができ、とても癒されました(^v^)

  次回はその(2)で高千穂牧場でのその他の状況をアップします。
  


DSC06119.jpgDSC06152.jpg


DSC06123.jpgDSC06148.jpg

 2014_04_29



 皆さん(特にパパ)は「霧島」のという焼酎をご存じではないですか?よく飲み屋で「黒霧」・「白霧」どちらにしますか?と言われるあの焼酎です。
 宮崎県都城市は霧島酒造の町で、工場の近くを通ると焼酎の甘~い香りが漂っています。霧島酒造は写真のとおり、一般人も入れる大きな敷地を持っていて、ここで毎年「食と焼酎に関するイベント」が開催されています。
 県内外からたくさんのお客さんが集まっていました。企業がこのように、地域貢献をすることはとても素晴らしいことだと思います。家族3人でイベント会場を散策し楽しんだ1日でした(^u^)。

 ※焼酎工場の見学も随時受け付けているようです。皆さんも、是非焼酎ができる過程を見学してみませんか・

DSC06073.jpgDSC06089.jpg

DSC06091.jpgDSC06094.jpg

 2014_04_26



  先日、都城市で毎年開催されるイベントに行ってきました(このイベントは次回、ご紹介します)。ここでは、小さい子供が大好きな、消防車や白バイが展示されており、自由に記念撮影ができるとのこと。
  早速、息子を乗せて写真をとることに・・・・・・。息子も喜んでいましたが、一番喜んでいたのは、私と妻でした(^_^;。

 やはり親というのは、子供にかわいい服を着せたいし、かわいい写真を撮りたいし、子供の喜んでいる顔を見続けたい欲求が半端ないと思います。自分達もそのように育てられてきたのかと思うと、ありがたい気持ちでいっぱいです。

DSC06085.jpgDSC06082.jpg

 2014_04_26



 息子にもいわゆるマブダチって言われる、とても仲の良いお友達がいます。久留米市で一緒に育ったタケちゃんです。息子が産まれた2週間後に産まれたお友達で妻も、タケちゃんのお母さんと大のお友達です。

 私の転勤で、2人の友情を引き離してしまいとても申し訳のない気持ちでいっぱいです。

 まだ、子供であまりよく分かっていないと思っていたのですが、息子は、宮崎に帰ってきてからも「タケちゃん、タケちゃん」と口癖のように言っているのを見ていると、涙が出てきそうになります。

 そんな中、久留米から宮崎県までタケちゃんが遊びに来てくれました(写真は久留米から遊びに来てくれたときのもの)。
2人の友情を改めて実感しました。タケちゃん、いつまでも息子の友達でいてね(^v^)

 タケちゃんのお父さんと、お母さん、また遊びに来てください。私たち夫婦も時間を見つけて久留米に遊びにいきますね(*^_^*)


DSC06076.jpgDSC06058.jpg

 2014_04_19



先日、宮崎市の祖父母の畑でタケノコ掘りをしました。毎年、この季節になると、祖父母がタケノコをたくさん掘っているので、この日は息子を連れて手伝いに・・・・・・
 人生初のタケノコ掘りに息子はとても喜んでいました。大好きなアンパンマンの人形は、ずっと手に持っていましたが(^^)
 取ったタケノコは、その日の夕食になりました。取り立て新鮮でとても美味しかったです(^v^)

DSC06036.jpgDSC06033.jpg

 2014_04_18



 宮崎県都城市の新居近辺は自然がたっぷりです。川や山や公園など、息子が遊べそうなところは一杯あります。写真は、近所を散歩しているときに撮影したものです。
 どこの都道府県もそうだと思うのですが、宮崎にも宮崎弁というものがあります。私たち夫婦が宮崎なので、久留米に住んでいたときも、家の中では宮崎弁が飛び交っていて、息子も宮崎弁をマスターしつつあります。
 来年から、幼稚園を検討しているので、友達が出来ればより強力な宮崎弁で話すようになるのでしょうね(^u^)

DSC06010.jpgDSC06018.jpg

DSC06022.jpgDSC06014.jpg

 2014_04_12



   お久ぶりです。久留米から引っ越しをして、私たち夫婦が生まれ育った宮崎県に帰ってきました。今度、借りた物件は一軒家。なぜかというと、久留米のアパートでは、息子が部屋の中で飛び跳る、夜泣きをするなど何かと周りの部屋に迷惑を掛けていました。
  これが妻のストレスの原因にもなっていたようです。だから、今回はどんなに泣いても、暴れても近所迷惑にならない、一軒家にしたのです。写真のとおり、とても広々とした庭もついています。
  今回から、私たち夫婦の故郷、宮崎県での子育てをお伝えします(^v^)。

2.jpgDSC06004.jpg

 2014_04_12




プロフィール

高城 嘉樹

Author:高城 嘉樹
『やさいの庭 Chiisanate』というお店を経営しています。
このブログは、日々起こった出来事や自分が思ったことを
記録するためにH25から書いているものです。
お店のFBページ等では書かない個人的な内容が多くなります。

<やさいの庭 Chiisanate>
https://www.chiisanate.com

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.